トップ

季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』

もっと情報一覧

オフィスのセキュリティを見直す

情報漏えい問題が頻繁に取りざたされる昨今、今までオフィスのセキュリティに無頓着だった企業も、再検討するときなのではないでしょうか。情報漏えいは人間のミスに起因するものが多々あります。とくにノートPCなどを事務所の外へ持ちだす際は、紛失のリスクが無視できません。この対応策として注目されているのが「シンクライアント」です。これは、ノートPCには必要最低限の機能のみを搭載するというものです。データを保存する際も、その端末ではなく自社のサーバに保存される仕組みとなっているため、万が一端末を紛失しても情報漏えいのリスクは限りなくゼロに近づきます。情報端末をオフィス外へ持ちだす機会の多い企業は、検討に値する仕組みであるはずです。

セキュリティの大切さ

オフィスのセキュリティは高いものでなければなりません。重要な資料やデータ、高価な備品を数多く保管している場合が多いからです。現金や印鑑などの貴重品も社内に保管している場合もあり、盗まれたら困るものが多数あります。鍵や金庫などを設置するのはもちろんのこと、業者などに頼んで、セキュリティシステムを導入すると良いでしょう。このようなシステムを導入すると、泥棒などが嫌がりますから、予防効果だけでもかなりの効果が期待できます。万一、オフィスに、泥棒が入った場合にも業者がすぐに駆けつけるので、被害は最小限度になります。

HOME | SITEMAP

© Copyright オフィスの情報漏えい対策. All rights reserved.